読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるようになるブログ

読書感想文かrailsについてかrubyについてか

rails commit log流し読み(2017/02/22)

2017/02/22分のコミットです。

CHANGELOGにのったコミットは以下の通りです。

actionpack/CHANGELOG.md

activesupport/CHANGELOG.md


Tiny documentation edits [ci skip]

actionpack/lib/action_dispatch/system_test_case.rbのdoc及びrails guideのA Guide to Testing Rails Applicationsの修正です。

グラマー及びフォーマットの修正を行っています。


Only load SystemTestCase if Capybara is defined

railties/lib/rails/test_help.rbの修正です。

Capybaraが定義されている場合のに、ActionDispatch::SystemTestCaseクラスを読み込むよう修正しています。


Revert back to the original of using package.json in the root of the project (#28093)

railtiesの修正です。

vendor配下で管理されるようになっていたpackage.json及びnode_modulesを、vendor配下ではなくproject root配下で管理するよう戻しています。既に多くのエコシステムがrails rootでpackage.json及びnode_modulesを管理するようになっており、合わせた方が混乱が少ないだろう、という理由により戻したようです。


Add backticks around constant

actionmailer/CHANGELOG.mdの修正です。

定数をバッククォートで囲むよう修正しています。


Use released arel

各ファイルで、リリース済みのarelを使用するよう修正しています。


Add backticks around command

actionmailer/CHANGELOG.mdの修正です。

コマンドをバッククォートで囲むよう修正しています。


Remove extra spaces

activejob/CHANGELOG.mdの修正です。

CHANGELOGのエントリー間にあった不要なスペースを削除しています。


Fix schema leakage from dirty_test.rb

activerecord/test/cases/dirty_test.rbの修正です。

filedという名前のカラムを作成した場合のテストの後処理で、DBのcacheをclearするよう修正しています。clearしないと不要なカラムの除法を保持したままになってしまうため。


Add backticks around method names

activerecord/CHANGELOG.mdの修正です。

メソッド名をバッククォートで囲むよう修正しています。


Merge pull request #23138 from rails/custom-url-helpers-and-polymorphic-urls https://github.com/rails/rails/commit/f3d729f75363136f659f2cb78165ca5c899ecfe7

Action Packの修正です。

routesに関する改善がまとめて含まれています。まず、routesファイルで直接custom url helpersを作成出来るdirectメソッドが追加されています。

例。

# routes.rb
Rails.application.routes.draw do
  direct :homepage do
    "http://www.rubyonrails.org"
  end

  direct :commentable do |model|
    [ model, anchor: model.id ]
  end

  direct :main do
    { controller: 'pages', action: 'index', subdomain: 'www' }
  end
end
irb(main):004:0> app.homepage_url
# => "http://www.rubyonrails.org"
irb(main):001:0> app.commentable_url(User.first)
# => "http://www.example.com/users/298486374#298486374"

次に、routesファイルでmodelのpolymorphic mapping をカスタマイズする為のresolveメソッドが追加されています。

# routes.rb
Rails.application.routes.draw do
  resource :basket
  resolve "Basket" do
    [:basket]
  end
end

上記のように定義した場合、link_toform_forBasketクラスのインスタンスを渡した場合、/baskets/:idというURLではなく、/basketというURLが生成されるようになっています。

最後に、routesをreloadした際に、undef_methodではなくremove_methodメソッドを使用するよう修正しています。親クラスに同名のメソッドが定義されていた場合に、そちらのメソッドは引き続き呼べるようにするためのようです。


[ci skip] Fix typos in direct/resolve changelog.

actionpack/CHANGELOG.mdの修正です。

先ほどコミットされたresolve、directメソッドの対応のentryにタイポがあったのを修正しています。


[ci skip] Fix direct/resolve documentation.

actionpack/lib/action_dispatch/routing/mapper.rbのdocの修正です。

resolve、directメソッドのdocにタイポ及びフォーマットの修正を行っています。


Merge pull request #28042 from kamipo/add_changelog_for_27384

activerecord/CHANGELOG.mdの修正です。

整数型のPKがauto incrementになった対応(Tweak bigint PK handlingCorrectly dump integer-like primary key with default nil)について、CHANGELOGのエントリーを追加しています。


Merge pull request #28095 from matthewd/nested-database-config

activerecord/lib/active_record/connection_adapters/connection_specification.rbの修正です。

DB configファイルに3階層目を定義出来るよう修正しています。

例。

default: &default
  adapter: sqlite3
  pool: <%= ENV.fetch("RAILS_MAX_THREADS") { 5 } %>
  timeout: 5000

development:
  primary:
    <<: *default
    database: db/development.sqlite3
  readonly:
    <<: *default
    database: db/readonly.sqlite3

上記のように、environment配下に更に定義を追加出来るようになっています。


[doc] Fix wrong class name in testing.md

rails guideのA Guide to Testing Rails Applicationsの修正です。

Implementing a system testの項のexampleコードのクラス名に誤りがあったのを修正しています。


remove needless extension from system test example [ci skip]

rails guideのA Guide to Testing Rails Applicationsの修正です。

System Testクラスをgenerateする場合のexampleに不要な拡張子があったのを削除しています。


Preload to_datetime before freezing a TimeWithZone instance

activesupport/lib/active_support/time_with_zone.rbの修正です。

TimeWithZoneインスタンスをfreezeする際に、to_datetimeメソッドの結果もcacheするよう修正しています。

    def freeze
-      period; utc; time # preload instance variables before freezing
+      # preload instance variables before freezing
+      period; utc; time; to_datetime
       super
     end

freezeメソッド呼び出し後にto_datetimeメソッドが呼び出せるようにする為。


Add CHANGELOG entry for #28104

activesupport/CHANGELOG.mdの修正です。

直前のfreezeにto_datetimeメソッドの結果をcacheするようにした対応について、CHANGELOGのエントリーを追加しています。


Add missing requires

activesupport/test/json/encoding_test_cases.rbの修正です。

不足していたdatetime等のrequireを追加しています。

Bundler 1.14.5でrubygems/spec_fetcherがlazy loadされるようになり、その影響で、元々はrequireされていたファイルがrequireされなくなった為、requireを追加したとのことです。

参考:Defer requiring rubygems/spec_fetcher until it becomes necessary · bundler/bundler@a78583c


Bump removal of /:controller/:action to Rails 5.2

actionpack/lib/action_dispatch/routing/route_set.rbの修正です。

Rails 5.1で削除予定だったroutes.rbのpath parametersに:controller:actionを指定した場合の処理の削除を、Rails 5.2に削除するようdeprecateメッセージを変更しています。

        if route.segment_keys.include?(:controller)
           ActiveSupport::Deprecation.warn(<<-MSG.squish)
             Using a dynamic :controller segment in a route is deprecated and
-            will be removed in Rails 5.1.
+            will be removed in Rails 5.2.
           MSG
         end

単純に対応が間に合わなかったからですかねえ。


Add more missing requires

actionpack/test/controller/live_stream_test.rbactivesupport/test/core_ext/string_ext_test.rbの修正です。

不足していたtimeoutのrequireを追加しています。こちらもBundler 1.14.5の対応の影響。