読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるようになるブログ

読書感想文かrailsについてかrubyについてか

rails commit log流し読み(2017/02/28)

2017/02/28分のコミットです。

CHANGELOGにのったコミットは以下の通りです。

actionview/CHANGELOG.md


Oracle database also does not allow aliases in the having clause

activerecord/test/cases/calculations_test.rbの修正です。

having句で指定したaliasをselectに含む場合のテストを、OracleAdapterではskipするよう修正しています。

PostgresSQL同様、Oracleではhaving句でaliasを指定する事は出来ない為。


Remove encode_special_chars option from strip_tags

actionview/lib/action_view/helpers/sanitize_helper.rbの修正です。

strip_tagsメソッドでsanitizerのsanitizeメソッドを呼び出す際に、encode_special_charsオプションを指定していたのを、オプション指定を削除しています。

rails-html-sanitizer v1.0.3からsanitizeメソッドのencode_special_charsオプションを無視するようになっており、オプションを指定する意味が無い為。


Use released webpacker in new applications

railties/lib/rails/generators/app_base.rbの修正です。

新規Railsアプリで使用するGemfileで、webpackerGitHubリポジトリを指定していたのを、rubygemsにリリース済みのgemを使用するよう修正しています。 webpacker 1.0がリリース済みな為。


Use tables instead of data_sources - views

activerecord/lib/active_record/schema_dumper.rbの修正です。

SchemaDumper#tablesメソッドでtableを取得するのにdata_sourcesメソッドを使用していたのを、tablesメソッドを使用するよう修正しています。

-        sorted_tables = @connection.data_sources.sort - @connection.views
+        sorted_tables = @connection.tables.sort

data_sourcesメソッドはviewsの情報も含むが、tablesはtableの情報しか含まない為。


Take failed screenshot before reset driver

actionpack/lib/action_dispatch/system_testing/test_helpers/setup_and_teardown.rbの修正です。

SystemTestCaseがテスト失敗時に自動で行うscreenshotの取得処理を、driverのリセット前に行うよう修正しています。driverのリセット後に行うと、テストを実行したdriverとscreenshotを取得するdriverが異なってしまう可能性があり、正確なscreenshotが取得出来ない為。


Dupping a CollectionProxy should dup the load_target

activerecord/lib/active_record/associations/collection_proxy.rbの修正です。

CollectionProxy#dupが、load_targetdupするよう修正しています。

元々Rails 3まではdupするようになっており、Rails 4からされなくなっていました。

で、Rails 3までの挙動に合わせる為、修正したとの事なのですが、これは後ほどrevertされています。


Fix http -> https [ci skip]

README.mdrailties/RDOC_MAIN.rdocの修正です。

Rails Tutorialへのリンクをhttpからhttpsに修正しています。


Improve documentation for Testing Your Mailers [ci skip]

rails guideのA Guide to Testing Rails Applicationsの修正です。

The Basic Test Caseの項に、email.body.to_sはメールがHTML、Text両方あった場合に、片方のデータしか返さない旨説明を追加しています。合わせて、それぞれ個別に確認したい場合は、email.text_part.body.to_semail.html_part.body.to_sを使用するよう説明を追加しています。